【2022年】クロソイ釣りのジグヘッド おすすめランキング⑩【釣れる&コスパ最高レベル!】

寒すぎて魚釣れなくない?!

という方や

とりあえずルアーで一匹釣りたい!

という方におすすめなのが根魚です。ラティオスのように回遊を待たなければいけない青物やシーバス等と比べて、いれば釣れる、という特性があります。オフシーズン(厳寒期)でも釣れて、ルアー初心者の方でも比較的 釣れやすいのがクロソイのおすすめポイント。

 

そんなくクロソイ釣りにおいて、もっとも手っ取り早いルアー仕掛けが『ジグヘッド』になります。オモリと針が一体になっているので、あとはルアーをつけて投げるだけ。簡単に釣りが始められるんです。

 

 

 

今回は、そんなジグヘッドについて選び方&おすすめをいくつか紹介していきます。

 

 

 

 

クロソイ釣りにおすすめ
ジグヘッドって何?

初めて場所でも大いに活躍するのがジグヘッドです。

 

堤防や漁港内湾でクロソイ等を狙う際には最適で、ラインとルアーが一直線にあるため極小バイトや地形変化を敏感に察知できるというのも好ポイント。根魚のルアー釣りでは基本的なリグとされています。使う用途・シチュエーションとしては大まかに分けて2つ。

  • とりあえずの状況判断として(サーチ目的)
  • 手返し良く釣りがしたい

という場合に最適なジグヘッドです。

 

 

クロソイ釣りにおすすめ
ジグヘッドの選び方

色々ありすぎて選べない…

という方向けに、クロソイ釣りにおすすめのジグヘッドの選び方を紹介していきます。

 

 

軽い方が良い?重い方が良い?
クロソイに最適なジグヘッドの重さ

ボトム(海底)を取れるか?

を最優先に考えると良いでしょう。基本的にクロソイは海底付近を泳いで餌を探しています。

 

これが最適!という重さはないにしろ、

大体 何gが丁度ええの?

と気になる方もいるでしょう。

水深にもよりますが10g前後あると初心者でも扱いやすいと思います。引いてる手応えもあるので、海底付近を探りながら釣る、という感覚を養えると思います。まだルアー釣りが不得手な方には5gより重いジグヘッドがおすすめです。

 

しかし、それ以外の重さにも利点があります。

シチュエーションごとに使い分けられる方に向けて、もう少し詳細に説明させてくださいませ。

 

浅場・流れが緩いポイントでは…:
5g前後がおすすめ!

  • 水深が浅い
  • 流れが緩やか
  • クロソイの活性が悪い

という状況下で大活躍するのが5g以下のジグヘッドです。慣れていない方には扱いがやや難しいですが、スローリトリーブ(ゆっくり巻き)・スローライジング(ゆっくり浮上させること)共に行いやすいです。

 

着底までのフォール時間が長く取れる、というのもおすすめポイント、ゆ~っくりとルアーが落ちるのでバイトの確率がアップします。活性が悪いクロソイは、フォール速度が速すぎると意外にあっさりとルアーを追わなくなってしまいます。

 

根魚釣りの基本・初心者には…:
10g前後がおすすめ!

汎用性が高いのが10g前後のジグヘッドです。。

一概には言えませんが、5g以下のジグヘッドに比べてフックが太くなっていたりします。夜間、視野が悪い状況でのタモ入れはバラすリスクが高まります。そんなときにエイヤっと抜き上げられるのもメリットの一つです。

 

ポイントが遠い・クロソイの活性が高い:
14g以上がおすすめ!

  • 水深が深い
  • 流れが強い
  • ポイントが遠い
  • 根魚の活性が高い

という場合には14g以上のジグヘッドがおすすめです。根掛かりのリスクが上がりますが、底を取りやすく、軽いジグヘッドでは太刀打ちできないポイントでも根魚釣りが可能です。

 

 

重さの基準は大体上のような感じですが、釣りプロの方では

水深(m)×2gで重さを決めてるよ

という方もいるようです。自分のレベルや釣り場の環境で選ぶと失敗がないでしょう。筆者が最も伝えたいのは、初心者はある程度の重さが合ったほうが良いというコト。ボトム(海底)を取るのが重要なクロソイ釣りです。底を取れていればズル引きでも釣れるので、まずは自分がボトムを取れるサイズの重さを選びましょう。

 

 

デカすぎると釣れない…?
ジグヘッドの『フックサイズ』

口幅の大きいのもクロソイ特徴です。

ワームや針が大きくても積極的に喰ってきて、捕食失敗も少ないのでフックサイズはそこまでこだわらなくても大丈夫です。上の動画のように、自分の体長と同じサイズのルアーにも果敢にアタックしてきます。

 

もちろんフックが小さい方がフッキング率が上がります。しかし、細い分 強度は下がります。どちらを優先させるかは根魚のサイズ・活性によっても変わります。いくつか種類を揃えておきたいところですね。

 

 

食いが浅い時には『ロングシャンク』も!

クロソイの活性が悪く、ショートバイト(針掛かりしない)が頻発する状況には『ロングシャンク』と呼ばれるフックが長いジグヘッドが有効だったりします。ワームの可動域が減少するのでアピール力が若干 悪くなりますが、針掛かりが良くなるので試す価値はあるでしょう。

 

 

基本は4種類!
ジグヘッドの『形状(タイプ)』

左から

  • ノーマルタイプ
    ただ巻き、フォール等で使用しやすい基本タイプ
  • ラウンドタイプ
    根掛かりを回避しやすく、やや感度が高い
  • ダートタイプ
    ロッドアクションによって左右にダートしたりする
  • オフセットタイプ
    根掛かり回避性能がダンチ(段違い)

といった特徴があります。まずはノーマルタイプがおすすめですが、根がキツイ岩礁帯ではオフセットタイプが良いでしょう。シンカーを使って組み立てるオフセットリグなどは根掛かりの回避性能がとっても高く、三陸などでは主流のリグになっています。

 

 

 

信頼度・コスパ最高レベル!
クロソイ釣り おすすめジグヘッドランキング

それではクロソイ釣りにおすすめのジグヘッドを紹介していきます。

 

なお各種、さまざまなウェイトがあります。記入漏れがないように心がけましたが、もしかしたら新バージョンが出ているかもしれません。また実際に使用されている方のレビューも見られるので、詳細はアイテムリンクからもご確認ください。

 

 

1位:OWNER(オーナー)
カルティバ ボトムショット

クロソイ用ジグヘッド おすすめ『カルティバボトムショット』
クロソイ用ジグヘッド おすすめ『カルティバボトムショット』1
クロソイ用ジグヘッド おすすめ『カルティバボトムショット』2
previous arrow
next arrow
メーカー OWNER(オーナー)
自重(g) 3.5/5/7/9/12
個数 それぞれ4個
コスパ
おすすめ度
おすすめポイント
  • 低重心ヘッド
  • 微発光
    ヘッド・鈎軸部が塗装され、ワームの内部から発光
  • 丁度良いフックサイズと強度
    サイズの良いクロソイの抜き上げはキツイですが、根掛かり等では回収が容易

    根のキツイ岩礁帯やゴロタ石のすき間でも安定し、ノーズ形状が根掛かりを回避してくれるジグヘッドです。クランキング効果を持った低重心ヘッドで、ゴロタ石のすき間でも安定し、ノーズ形状が根掛かりを回避。ソフトキーパーでワームの裂けや変形を抑えキープしてくれるのも魅力的。

     

    created by Rinker
    オーナー(OWNER)
    ¥446 (2022/05/26 08:12:59時点 Amazon調べ-詳細)

     

     

    2位:メジャークラフト
    ジグパラヘッド ブンタ 根魚タイプ

    根魚ジグヘッド おすすめ『ブン太』
    根魚ジグヘッド おすすめ『ブン太』1
    previous arrow
    next arrow
    メーカー メジャークラフト
    自重(g) 3.5/5/7/10/14/
    20/30/40
    個数 14g以下は5個
    20g以上は3個
    コスパ
    おすすめ度
    おすすめポイント
    • 根魚に特化した形状
    • 使いやすいサイズバリエーション
    • コスパ最高レベル

    沈み根や障害物を回避しやすいカタチになっているジグヘッドです。リーリングでラインテンションをかけると、フックが立ち上がる起き上がりこぼし設計。14g以下は5個で400円程度とコスパ最高レベル。これから根魚釣りを始める方は是非。根掛かりを恐れずにボトム付近を攻められます。重さのバリエーションも豊富です。

     

    created by Rinker
    Major Craft(メジャークラフト)
    ¥390 (2022/05/26 03:36:46時点 Amazon調べ-詳細)

     

     

    3位:ジャングルジム(Jungle Gym)
    スリーパーマッチョ

    クロソイ用ジグヘッド おすすめ『ジャングルジム』
    クロソイ用ジグヘッド おすすめ『ジャングルジム』1
    クロソイ用ジグヘッド おすすめ『ジャングルジム』2
    previous arrow
    next arrow
    メーカー ジャングルジム(Jungle Gym)
    自重(g) 7/10/14/21
    個数 14g以下は3個
    21gは1個
    コスパ
    おすすめ度
    おすすめポイント
    • 低重心ヘッドデザイン
      →底に着くと針が上を向く構造で根掛かりしにくい

    着底時に針が上気味になるように設計されたジグヘッドです。スイミングに別のジグヘッドの方が良いですが、根魚を狙う際には最適。ゴミを拾いにくく、フォールやストップを織り混ぜることでクロソイにも効果的にアピール出来ます。

     

    created by Rinker
    ジャングルジム(Jungle Gym)
    ¥545 (2022/05/26 22:52:37時点 Amazon調べ-詳細)

     

     

    4位:メジャークラフト
    ジグパラヘッド

    メバリング おすすめジグヘッド『ジグパラヘッド』
    メバリング おすすめジグヘッド『ジグパラヘッド』1
    メバリング おすすめジグヘッド『ジグパラヘッド』2
    メバリング おすすめジグヘッド『ジグパラヘッド』3
    previous arrow
    next arrow
    メーカー メジャークラフト
    自重(g) 0.4/0.6/0.8/1/1.25/
    1.5/1.75/2/2.5/3
    個数 5個
    コスパ
    おすすめ度
    おすすめポイント
    • サイズバリエーションが豊富
    • ダート/スイム/フォールの3タイプ有り
    • コスパ最高レベル

      根魚タイプに比べて汎用性の高いカタチとなっています。サイズ・重さのバリエーションも豊富。コストパフォーマンスは最高レベルのジグヘッドです。クロソイをはじめとする根魚の他、アジやメバルなどの中層~上層の魚にも有効。そのほかの釣りにも共用したい方におすすめ。

       

      created by Rinker
      Major Craft(メジャークラフト)
      ¥311 (2022/05/26 20:53:03時点 Amazon調べ-詳細)

       

       

      5位:イッセイ海太郎(Issei Umitaro)
      根魚玉(ネウオダマ)

      カサゴ ジグヘッドおすすめ『一誠海太郎』
      カサゴ ジグヘッドおすすめ『一誠海太郎』1
      カサゴ ジグヘッドおすすめ『一誠海太郎』2
      previous arrow
      next arrow
      メーカー 株式会社issei[一誠]
      自重(g) 2/3/5/7/10/14/21/28
      個数 2個
      コスパ
      おすすめ度
      おすすめポイント
      • 水底で転がりにくい下面フラット形状
      • 光を多方向に反射し輝く8面ボディ
      • 絶妙なアイバランスで根掛かりが激減

        根掛かりの少ない『オフセットフック』仕様です。少し価格が高く感じますが、上記の通り 色々な工夫がされている機能性の高いジグヘッドです。テトラ周りや根のキツイ岩礁帯での使用を検討している方におすすめです。

         

        created by Rinker
        イッセイ海太郎(Issei Umitaro)
        ¥519 (2022/05/27 02:10:17時点 Amazon調べ-詳細)

         

         

        6位:RUDIE'S
        根魚狩りJ・H

        根魚ジグヘッド おすすめ『根魚狩り』
        根魚ジグヘッド おすすめ『根魚狩り』1
        根魚ジグヘッド おすすめ『根魚狩り』3
        previous arrow
        next arrow
        メーカー RUDIE'S
        自重(g) 10/15/20/25/30
        個数 15g以下は3個
        20g以上は2個
        コスパ
        おすすめ度
        おすすめポイント
        • 大口径アイでラインを結びやすい
        • 独特のカタチでフォールスピード抑制&水平姿勢を維持

          ザグリ加工でフォールスピードを可能な限り抑制した根魚特攻のジグヘッドです。 また、フッキング率を上げるため、スイミング時には水平姿勢キープでフォール&スイミングの釣り共にカバー。 ワームキーパー付属で、ワームのズレも軽減できるのも魅力的です。

           

          created by Rinker
          RUDIE'S
          ¥605 (2022/05/26 03:36:47時点 Amazon調べ-詳細)

           

           

          7位:エコギア(Ecogear)
          イワシヘッド

          ヒラメ用ジグヘッドおすすめ『イワシヘッド』
          ヒラメ用ジグヘッドおすすめ『イワシヘッド』2
          previous arrow
          next arrow
          メーカー エコギア(Ecogear) 
          自重/フックサイズ 7-#1,2,1/0
          11-#1,2
          14-#1/0
          個数 7g-4個
          11g,14g-3個
          コスパ
          おすすめ度
          おすすめポイント
          • フックサイズが小さめ
          • 歴史のあるロングセラー
          • コスパ最高レベル

            低重心で、中層のスイミングからボトムバンプまで対応。シーバス、カサゴ、ソイ、ヒラメなど幅広いターゲットを狙えます。フック全体にニッケルメッキ加工を施してありますので、サビに強く頑丈という点も◎。ヘッドサイズに比べ小さめのフックを配したデザインにより、4インチ程度のソフトルアーを従来のジグヘッドでは送り込めなかった領域へ送り込むことができます。

             

            created by Rinker
            エコギア(Ecogear)
            ¥400 (2022/05/26 12:24:43時点 Amazon調べ-詳細)

             

            サーフヘッドも!

            もう少し飛距離が欲しい方、サーフでのヒラメ釣りにも使いたい方には『サーフヘッド』が最適でしょう。

            created by Rinker
            エコギア(Ecogear)
            ¥605 (2022/05/26 20:48:10時点 Amazon調べ-詳細)

             

             

            8位:DAIWA(ダイワ)
            月下美人 SWライトヘッドジグヘッドSS

            メバリング おすすめジグヘッド『月下美人 SS』
            メバリング おすすめジグヘッド『月下美人 SS』1
            メバリング おすすめジグヘッド『月下美人 SS』2
            メバリング おすすめジグヘッド『月下美人 SS』3
            メバリング おすすめジグヘッド『月下美人 SS』4
            previous arrow
            next arrow
            メーカー DAIWA
            自重(g) 0.5/1.0/1.5/2.0/2.5/3.0
            個数 4個
            コスパ
            おすすめ度
            おすすめポイント
            • 夜光カラー有り
            • 45㎝の浪人アジをかけても折れない針の信頼感
            • 鋭利な『サクサスフック』仕様
            • Amazon『シンカー』部門 ベストセラー

            フックの表面加工テクノロジー「サクサス」を採用しており、表面が滑らか&針が非常に鋭いです。ボトム付近や常夜灯などが無い暗いところでは発光する『夜光』で、逆に光が届きやすいところでは存在感を発揮する『黒』を使ったりと、シチュエーションに応じて柔軟に対応できるのも◎。メバル釣りと共用で使いたい方におすすめです。

             

            created by Rinker
            ダイワ(DAIWA)
            ¥308 (2022/05/26 07:25:27時点 Amazon調べ-詳細)

             

             

            9位:フジワラ(FUJIWARA)
            ムゲンヘッド ロングシャンク

            ヒラメ用ジグヘッドおすすめ『ムゲンヘッド』
            ヒラメ用ジグヘッドおすすめ『ムゲンヘッド』1
            previous arrow
            next arrow
            メーカー フジワラ(FUJIWARA) 
            自重/フックサイズ 7,10,14,21
            /画像で確認ください
            個数 14g以下-4個
            21g-3個
            コスパ
            おすすめ度
            おすすめポイント
            • コスパ最高レベル
            • 食いの浅い後方バイトに強い『ロングシャンク』

              泳ぎ出しがスムーズで、多様なアクションが可能な『ムゲンヘッド』のロングシャンク版です。クロソイの活性が悪い状況下の後方バイト(ルアーの尻尾付近に噛みつくパターン)に強いロングシャンク構造。従来の無限ヘッドでもコスパは良いですが、ロングシャンク版は最高レベルにコスパが良いです。21gでも3個入り!

               

              created by Rinker
              フジワラ(FUJIWARA)
              ¥287 (2022/05/27 01:42:30時点 Amazon調べ-詳細)

               

               

              10位:マルシン漁具
              根魚ロックオン

              クロソイ用ジグヘッド おすすめ『根魚ロックオン』
              メーカー マルシン漁具
              自重(g) 10/14/21/28/35
              個数 それぞれ1個
              コスパ
              おすすめ度
              おすすめポイント
              • アピール力の強さ

                ある程度地形が分かっている方におすすめのスピナーベイトです。根掛かりが心配ですが、その分 アピール力が強いです。通いなれた堤防・漁港がある方で、魚の活性が良い状況で使うと勝負が早いでしょう。

                 

                created by Rinker
                MARUSHINGYOGU(マルシン漁具)
                ¥244 (2022/05/26 03:36:48時点 Amazon調べ-詳細)

                 

                 

                 

                 

                 

                根魚釣りにおすすめ!
                《ジグヘッド》総括

                以上、クロソイ釣りのおすすめのジグヘッドについてでした。

                 

                総括して一番のおすすめは?

                と聞かれたら、『ジグパラヘッド ブンタ 根魚タイプ』を推します。

                • ボトムを攻めやすい根掛かり回避性能
                • 使いやすいサイズバリエーション
                • 5個で400円程度という価格の安さ!

                という点でおすすめ度が高いです。なんといっても価格の安さが魅力的です。クロソイは特に根掛かりの多い釣りです。『ここ攻めたら根掛かりするかも…』と躊躇してはボトムが取れず、釣果にも結びません。その点 安いと積極的にボトムを攻められるというのは強いです。

                 

                 

                今回の記事で、皆様の用途・目的に合ったクロソイ釣りのジグヘッドを紹介できていれば幸甚に尽きます。

                 

                それでは!

                 

                created by Rinker
                Major Craft(メジャークラフト)
                ¥390 (2022/05/26 03:36:46時点 Amazon調べ-詳細)

                 

                 

                こちらも読まれています

                 

                 

                釣り雑誌で釣果を確認しても良いんでしょうけど、検索に引っかからないマイナーなブログの方が場所や餌などの釣り情報が細かかったりするので、皆さんも参考にどうぞ↓

                 

                 

                にほんブログ村 釣りブログ シーバス釣りへ

                にほんブログ村 釣りブログ ルアーフィッシングへ

                にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ

                おすすめの記事