【誰でも簡単!】HEIC写真をパソコンで開けるようにする方法【jpeg,png変換】

当方、Windows10を使用している。

 

で、この前 iPhoneで撮影した写真をパソコンに移し、開こうとすると、

 

 

 

というように、なぜか開けない。よく見てみると、

 

はぁ?
「.heic」ってなんやねん?!!

 

という風に、見慣れない「.heic」という拡張子になっていて、写真が開けなくなっていた

 

ios11から採用されている「.heic」について、この記事では詳しくご紹介はしない。急いでる人にとってはどうでも良いだろうしな。他力本願ではあるが、以下のサイトに詳し~く説明されているので、気になる人は参考にしてくれ。

 

 

 

なにはともあれ「.heic」の拡張子のままでは、どうやってもパソコンでは開けないのである。

 

 

そういうわけで、

 

HEICの写真を開きたいけど、ソフトはダウンロードしたくない

 

パソコンは不得意だけど、なるはやでHEICをJPEGとかで開きたい

 

という諸君等のために、とっておきのサイトを教えてしんぜよう。

 

 

 

 

スポンサーリンク

【iMobie HEIC変換】でおk

上のサイト『iMobie HEIC変換』というサイトを開こう。

 

 

 

開けた?

 

 

開けたらもう、

 

HEIC形式の写真がパソコンで開けない…

 

というトラブルの8割は解決しているといって過言じゃない。

 

 

それでは、順を追って『iMobie HEIC変換』の使い方を説明していこう。

 

 

 

『iMobie HEIC変換』の使い方

 

1画質、フォーマットを設定する

フォーマットで

  • JPG
  • JPEG
  • PNG
  • GIF

のいずれかを選択しよう。何のこだわりがないんならJPEG、PNEGあたりをおススメする。

 

画質は何でも良いが、想像通り『高画質』に設定すると変換時にかかる時間が長くなるぞ。いっぺんにたくさんのHEIC写真を変換するときは注意だ。

 

 

『クリックして追加』からHEIC写真を選択する

設定が完了したら、中央の『クリックして追加』より、HEIC写真を選択しよう。

 

 

3選択したら『開く』

変換するHEIC写真を選択できたら、『開く(O)』をクリック。

 

 

4変換が完了したら『すべてをダウンロード』

個別にダウンロードもできるが、一括してダウンロードも可能だ。時間短縮のためにも『すべてをダウンロード』がおススメ。結構時間がかかったりするけど、気長に待とう。

 

 

5ダウンロードされた写真を確認する

実際にダウンロードされた写真を確認してみよう。

変換したHEICは既に、フォーマットが変わり(JPEG、PNG等に)、パソコンでも開けるようになっているはずだ。

 

 

 

 

総括『iMobie HEICで変換』

以上!!

かんたんすぎて拍子抜けした筆者だった。

 

 

もっと詳しいHEICの説明が欲しいんだけど…?

 

という人には物足りなかったかもしれない。が、そもそも僕は

 

なんでもいいから、HEICを変換して開きたい!!

 

というマインドだったので、そこは目をつぶってほしい。HEICがどういう形式かなんか、1ミクロンも興味なかったものでな。知らなくていいコトは、知らないままにする主義だ。詳しいコトはもっと、専門的な人を記事を参考にしてくれ。ない袖は振れないぬよ。

 

 

 

それでは。

 

なにか不明点があれば、是非質問してね。

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク
おすすめの記事