【1万円以下で十分!】釣り初心者におすすめな《スピニングリール》の選び方・10選

選択肢は多ければ多いほど良い

 

という平々凡々な意見をよく聞きます。

 

しかし、釣りを始める前、リール選びの段階で思い悩んでいる人を度々 見かけます。なぜでしょうか?

 

選択肢がとんでもなく多いからでしょう。。。格帯からデザイン、自重、軽さ、ハンドルの形状など、考えることで一杯のリール選び。多すぎる選択肢は人を混乱させる、という良い例です。。

 

 

今回は、釣り初心者・入門者の皆さんに分かりやすいように

  • スピニングリールの選び方
  • おすすめスピニングリール

に絞って紹介していきます。

 

 

 

 

スポンサーリンク

釣り初心者にはスピニングリールがおすすめ!

上のような形状のリールが『スピニングリール』です。

 

とてもシンプルな構造なので釣り初心者の方に特におすすめなリールです。まずはじめに知っておいていただきたいのは上の

  • スプール
  • ドラグ
  • ハンドル

の3点のみ。

 

他にも『リールフット』やら『ボディストッパー』等、いろいろなパーツがあります。しかし筆者自身、購入時に重要視したことがないし、説明すると長くなりますので割愛します。

 

 

スピニングリールのスペックの見方

簡単ではありますが、スピニングリールの見方としては上のような具合です。

 

メーカーによっても若干異なりますが、概ね

  • 3~4桁の数字 = リールのサイズ(番手)
  • サイズ(番手)の後ろの各種アルファベット = リールの仕様

という感じでスペックが読み取れます。

 

順を追って説明していくので、まずは品番からスピニングリールのスペックが(大まかに)確認できることを理解しておいてくださいませ。

 

 

スピニングリールの選び方

それでは、スピニングリールの選び方について紹介していきます。

 

快適に釣りをする上で重要なのは、

  • 目的に見合っていること
  • 釣竿の大きさに見合っていること

です。

 

すこし長くなりますが、間違ってヘンテコなリールを購入しないためにも、サラっとで良いですから各要素を学んでいきましょう!

 

 

スピニングリールのサイズを選ぶ!

スピニングリールには各種サイズがあります。それぞれに適した釣りがあるので簡単に見ていきましょう。

 

 

小物(アジやメバル等)狙いなら500~2000番

使用リールは『SHIMANO アルテグラ C2000S

 

小型の魚を狙っていきたい方は、小さいサイズのスピニングリールがおすすめです。

 

ボディがコンパクトな分、軽量に出来ています。特にルアー釣りをされる方は、何度もキャストしなければならないのでスピニングリールの重さは集中力、そして釣果に影響します。

 

こんな人におすすめ
  • お手軽さ重視の方
  • 大型の魚は目的外の方
  • チョイ投げ、ちょいサビキ釣りをされる方

 

万能性を重視したいなら2500、3000番

 

大物にも小物にも対応できるのが2500、3000番のスピニングリールです。

 

特に明確な目的がなく、餌釣りとルアー釣り両方をやってみたい!と言う方にも2500・3000番のスピニングリールがおすすめです。

 

こんな人におすすめ
  • シーバスなどの引きの強い中型魚も視野に入れたい方
  • いろんな用途で使える『万能』なリールを選びたい方
  • 投げサビキ・ぶっこみサビキなどの重めのオモリ号数を投げたい方

 

大物(シーバス・青物)狙いなら3500番以上

 

長尺の磯竿で釣りをされる方、大物を狙いたい方には3500番以上の大きいサイズがおすすめです。

 

まず、スプール径が大きくなるのでキャスト時にライン摩擦が減ったりすることで飛距離が出ます。また、小さいサイズに比べてライン(釣り糸)が巻けるところもポイント。特にサーフ(砂浜)で青物を狙いたい方などは、ラインの巻き取り量は重視しておきましょう。

 

こんな人におすすめ
  • 飛距離を出したい方
  • 青物・ランカー(大型)シーバスを釣りたい方
  • 3m以上の磯竿でサビキ・投げ釣りをされる方(餌釣り)

 

 

ルアー釣りなら、とにかく『軽さ』が重要

『軽さ』は非常に重要です。

ルアー釣りに限らず餌釣りでも、出来ることなら軽いスピニングリールを選んだほうが腕が楽です。ただ、軽量化に伴って価格が上昇する傾向があるので、そこらへんはお財布と相談しましょう。

 

筆者の経験上、釣竿と合わせて550gを超えると2時間以上のルアー釣りは辛くなってきます(疲れます)

 

 

深溝?浅溝?『スプールの形状』を考えよう

 

堤防で釣りをするなら『シャロータイプ(浅溝)』のスプールがおすすめ!

堤防から餌釣り、チョイ投げ釣り、ルアー釣りなど、そこまで飛距離を出さない釣りならばスプールが浅い、シャロータイプのものを選びましょう。下巻きする必要がないので、ライン(釣り糸)をたくさん巻く必要がないのでお手軽です。

 

砂浜から遠投を考えるなら『従来(深溝)』のスプールがおすすめ!

砂浜から遠投したりする場合は従来の深溝スプールを選びましょう。なんといっても、釣り糸の巻き取り量がとても多いです。

遠投して、何らかの拍子で糸が切れてしまった場合、急激にラインをロストする場合があります。そんなときに深溝スプールだと、数百メートル釣り糸が巻けます。万が一、遠投途中で糸が切れても続行可能です。

 

 

適性なライン(釣り糸)・巻き取り量

各リールには上のように、『適性なライン(釣り糸)の巻き取り量』というのが決まっています。目的の釣りが出来るライン(釣り糸)を、必要な分だけ巻けるかどうかも要チェックです。

 

 

適切な巻き取り量じゃないと……

正直な話、書かれている適性糸巻量よりも多く、少なくもラインは巻けます。が!多すぎたり少なすぎたりするとライントラブル(絡まったり)の原因になりますので注意。詳しくは上の動画でよく説明されていますので気になった方は是非。

 

推奨されているラインの細さ・巻き取り量をしっかりと確認しましょう。

 

 

巻き取りに重要な『ギア比』について

『ギア比』というのは、ハンドルを一回転させて何回スプール(ローター)が回るか、という数値です。

 

『5.2:1』のような値で表示されます。

上のような場合、ハンドルを一回転させるとスプールが5.2回転するという意味になります。

 

そんなギア比、メーカーにも多少異なりますが

  • 5以下 → ローギア
  • 5~5.7 → ノーマル(スタンダードギア)
  • 5.8以上 → ハイギア

というように呼ばれています。

 

 

『ハイギア』か『ローギア』か??

よっぽど釣りが好きな方以外 そこまで気にしなくて良い

というのが筆者の自論です。ケースバイケースで決めるのが一番。

 

一応それぞれのメリットをまとめてみると…

 

『ローギア』のメリット
  • 巻きの感性の良さ
  • 巻きの軽さ
  • ゆっくり巻くような釣りには最適
  • 魚がかかった時の巻き(トルク)の強さ
『ハイギア』のメリット
  • より早く巻き取りができる 

    → ラインスラック(糸のゆるみ・たるみ)をすぐ回収できる

    → 強風時、横風に釣り糸が煽られている状況でも釣りがしやすい

 

のようになります。

 

正直な話、一長一短があるので優劣はつけられません。たまに、こだわり過ぎた釣りキチが

 

ハイギア(ローギア)じゃないとダメだ!

 

と言っていることがありますが、鳴き声みたいなものなので参考にする価値は少ないかと思います。何事でもそうですが、極端な意見は大抵 間違っていますので注意。

 

最初は『ノーマル(スタンダード)ギア』がおすすめ

個人的には、ハイギア(ローギア)は高価であることも多く、ノーマルギアでも ゆ~~っくりと巻いてこれる楽しさがあるので釣り初心者にはおすすめです。

 

筆者の経験上、ヒラメやメバル等は、スローで巻いてくる方が釣れています。初心者のうちは『ただ巻き』の釣り方が無難で、釣れやすいかと。シーバス釣りをメインでやる方はハイギアの方が良いと思いますが、ノーマルギアでも問題なく釣れます。

 

 

強烈な魚の引きに耐える『ドラグ力』!

ドラグというのは、端的に言って『魚の引き』に対応する部分です。

ここの性能によって、魚が強く引っ張ったときにスプールが(逆)回転し、糸が切られてしまうコトを防ぎます。『このくらいなら耐えられますよ~』という指標として捉えてくれればOKです。

 

ちなみに40㎝くらいの魚が大体1㎏程度です。魚を海面から堤防にエイヤっと抜き上げる際にも関わってきますので、目的に見合ったドラグ力のスピニングリールを選びましょう。

 

 

リールハンドルは『シングル』、『ダブル』?

 

初心者の内は『シングルハンドル』がおすすめ

そこまで明確な差があるわけではありませんが、最初のうちはシングルハンドルがおすすめです。というのはダブルハンドルに比較して

  • 価格が安い(若干)
  • 軽い(若干)

という点。ダブルハンドルの方が、巻きが安定している、という利点もあるのですが初心者の内はあまり実感しにくいかと。

 

好みによるところが大きいですが、釣り初心者の方にはシングルハンドルが良いと思います。

 

 

おすすめなスピニングリールの値段

最後に、おすすめのスピニングリールの値段について触れておきましょう。

 

なにを目的にしているかによるが“とりあえず”なら1万円以下でも無問題

おすすめのスピニングリール第1位は……

 

 

ステラです!

 

という他サイトのスピニングリール紹介記事を見て今回の記事を書くに至っています。Google検索に

『初心者 釣り スピニングリール おすすめ』

と検索するような方はご存知ないかと思いますが、ステラってね、8万円以上するんですよ。8万円。え、筆者が貧乏すぎるのか分かりませんが、8万円のスピニングリールって、これから釣りを始めてみようって人におすすめできる値段なんですかね…?と。

 

読者の貴方が貧乏学生なのか、金欠サラリーマンなのか、小遣い制の旦那なのかは存じませんが、

 

これから釣りを始めてみよう!

 

と言う釣り初心者の方には、1万円以下のスピニングリールで十分です。間違ってもステラやソルティガのようなハイエンド(最高級)モデルは買わない方が良いと思います。猫に真珠。自動車教習所を卒業してすぐにフェラーリ買うのが“良い買い物”だと思う人は良いですが…

 

今どき安いリールでも昔のハイエンド(最高級)レベルに仕上がっています。それに、最初は1万円程度のリールを使い込んでから高価なリールに乗り換えた方が違いを実感できたりします。その点 留意しておいてほしいです。

 

 

そのほかの要素は、もっと釣りにハマってからでOK!

そのほかにも色々な、正直『そんな機能必要なんか…?』と思ってしまうような機能がたくさんあるスピニングリールです。

 

しかし、それらは後で考えてもよいと思います。

多すぎる情報は混乱する要因になりかねないので、今回の記事では説明を省きます。

 

 

 

というわけで長々説明してまいりました。

以上のことを踏まえれば、お手頃で良いスピニングリールが選べると思います。

 

最後の最後にいくつか、初心者の方におすすめなスピニングリールをまとめてみました。どんな種類があるのか気になる方は、もう少しお付き合いくださいませ。

 

 

 

スポンサーリンク
おすすめの記事