【2024年】チヌ(クロダイ)釣りのフィッシュグリップおすすめ18選【コスパ最強!】

ケガ防止&汚れない!

ということからチヌ(クロダイ)釣りで使っている方が多いのがフィッシュグリップというアイテム。別に手掴みでも大丈夫なのですが、なにかと便利なのがフィッシュグリップです。特にルアーで狙うチヌ釣りの場合、フックを外す際に魚が暴れてケガをしてしまうことも少なくありません。

 

1000円くらいので良い?

うーん、もちろん良いのですが、長く使うなら2~3000円程度のフィッシュグリップがオススメなのですが…。

 

 

というワケで今回はチヌ(クロダイ)釣りに最適なフィッシュグリップについて

  • フィッシュグリップとは
  • フィッシュグリップの選び方
  • おすすめフィッシュグリップ

の順にまとめていきます。

 

 

 

もくじ

チヌ(クロダイ)釣りの必須アイテム?
フィッシュグリップとは

上の写真のように

  • 釣れたチヌ(クロダイ)を安全に掴むためのアイテム

がフィッシュグリップになります。絶対に必要、というアイテムではありませんが、使うメリットとしては以下の2点があげられます。

 

安全にチヌ(クロダイ)を扱える!

  • チヌ(クロダイ)よるケガを防ぐ

ために最適なのがフィッシュグリップ。

 

魚体の毒・棘・も危険ですが、とてつもなく鋭利で頑強な歯をもつチヌ(クロダイ)釣りで大活躍するのがフィッシュグリップです。というのもフックを外すときにチヌ(クロダイ)が暴れるとフリーになっているフックが刺さったり、噛まれたりすると大惨事になってしまいます。

 

そんなチヌ(クロダイ)釣りでは、フィッシュグリップがあれば魚体を固定できるので、一連の手順が格段に安全になるというメリットがあります。

 

 

手が汚れない

  • 直接チヌに触れなくてよい

ので安全の他、汚れる心配が少ないのもフィッシュグリップのおすすめポイント。素手で魚を掴まなくて良いので臭い・汚れの心配が皆無。リリースしてあげる場合、チヌとってもダメージが少なかったりします。手を汚したくない方にも便利なアイテムです。

 

タオルとか軍手で掴めばいいじゃん…

やってみたら分かるんですけど半端なく汚れます。この前 小学1年生達と話す機会があって、『釣り好き?』と聞いたら『手が臭くなるからキライ』という子供が多かったです。筆者としても、魚のヌメヌメは勿論、血や鱗などでぐっちゃぐちゃになり、持って帰る頃には捨てたくなるくらい臭いますし、家族がいる場合はあからさまにイヤな顔をされます。

 

チヌ(クロダイ)に直接触れなくても大丈夫、というのは素晴らしいポイントだったりします。

 

 

 

チヌ(クロダイ)釣りに最適!
フィッシュグリップの選び方

それでは実際に、チヌ(クロダイ)釣りに適したフィッシュグリップの選び方を簡単に紹介していきます。

 

 

フィッシュグリップの
「種類」について

フィッシュグリップには大まかに分けて、

  1. 魚の口(下アゴ)を掴むタイプ
  2. 魚の口ではなく魚体をガシッと掴むタイプ

という2種類あります。

 

それぞれ利点が異なります。違いと特徴を簡単に知っておきましょう。

 

トングタイプ

チヌ(クロダイ)にはやや不向きなのが上の写真のような「トングタイプ」。

  • 価格が安いモノが良い
  • ファミリーフィッシング
  • 小物釣り(サビキなど)を楽しみたい

は『トングタイプ』と呼ばれるフィッシュホルダーがおすすめですが、チヌの場合は魚体よりも口元を掴んだ方が楽です。使えなくはありませんが、当サイトではおすすめ度は低め。

 

 

ガングリップタイプ

チヌ(クロダイ)釣りに最適なのが上の写真のような「ガングリップ」タイプのフィッシュグリップです。

  • 中型以上の魚をメインで釣る

というチヌ(クロダイ)釣りには上の写真のような、口を挟むタイプのフィッシュグリップがオススメであり、チヌ以外にもヒラメやシーバス、マゴチや青物など30㎝を超える魚に対して手返しも良く使え、直接魚体を掴む必要がないので魚へのダメージも少ないです。回転・軽量機能を備えているモノもあり、非常に便利です。

 

特に便利なのが上の写真のような『ガングリップ・ピストルタイプ』と呼ばれるフィッシュグリップであり、人差し指でグリップを操作するタイプ。指一本で操作できるので手返しが良く、厳寒期にも役立ちます。

 

 

 

フィッシュグリップの
「自重」について

  • 持ち運びが楽ちん

ということから自重の軽いフィッシュグリップがおすすめです。

私は磯で狙うんだけど…?

 

という方はそこまで気にしなくてもOKですが、ルアー釣りでチヌを狙う場合は頻繁に場所を移動します。そんなランガンスタイルのルアーフィッシングでは『自重』が軽いフィッシュグリップが携帯性が良く快適でしょう。フロントポケットなどに収納することを考えるなら仕舞寸法も重要だったりします。

 

 

フィッシュグリップの
「耐荷重」について

  • 何㎏の魚まで持てるか?

を示す『耐荷重』が表記されているフィッシュグリップもあります。

今回 紹介するフィッシュグリップならほぼすべて、最大でも5㎏程度のチヌ(クロダイ)あれば難なく持てますが、ランカーシーバス・青物などの超大型の魚を狙う方は耐荷重についても確認してみてください。

 

 

フィッシュグリップの
「便利機能」について

モノによっては計測(重さ)機能などを備えたフィッシュグリップがあります。

しかし価格が高くなる傾向にあるので、必要でなければ無視してよいポイントでしょう。それよりもカラビナや尻手ロープ(スパイラルコード)など、持ち運びが安心になる小道具が付属するフィッシュグリップがおすすめです。

 

そんなの他で買えばいいのは?

その通りなのですが、案外 いつまで経っても買わないんですよ。で、魚を逃がすときに一緒にフィッシュグリップまで海にリリースしちゃうんですよ。。

 

 

フィッシュグリップの
「価格」について

  • 2000~3000円クラス

が最もおすすめです。

1000円で買えるヤツはダメなの?

ダメってわけじゃありませんが筆者の経験上、あまりにも安いフィッシュグリップは弱く、到着時にフックが歪んでいたときがありました。耐久性に難があり、メーカー的にもやや不安が残るので、やはり2000円以降のフィッシュグリップがチヌ釣りには良いでしょう。また、チヌはそこまで大きい魚ではないので、10000円を超えるような高級モデルは必要ありません。

 

それでは、実際におすすめフィッシュグリップをいくつか見ていきましょう!

 

 

 

チヌ(クロダイ)釣りのフィッシュグリップ
おすすめランキング

それではチヌ(クロダイ)釣りに最適な、上の写真のように魚のアゴを掴む「グリップタイプ」のフィッシュグリップを紹介していきます。チヌの他、シーバスや青物などのルアーフィッシングを楽しむ方におすすめのモデルです。

 

こちらも各種、さまざまなスペックがあります。それぞれ商品リンクを辿るとサイズ選択ができたり、実際に使用されている方のレビューなどを見られるので是非お試しくださいませ。

 

 

1位:ウミボウズ
フィッシュグリップ

おすすめフィッシュグリップ『ウミボウズ』
おすすめフィッシュグリップUmbozu7
おすすめフィッシュグリップUmbozu6
おすすめフィッシュグリップUmbozu5
おすすめフィッシュグリップUmbozu4
おすすめフィッシュグリップUmbozu3
おすすめフィッシュグリップUmbozu2
おすすめフィッシュグリップUmbozu
おすすめフィッシュグリップ『ウミボウズ』
おすすめフィッシュグリップUmbozu7
おすすめフィッシュグリップUmbozu6
おすすめフィッシュグリップUmbozu5
おすすめフィッシュグリップUmbozu4
おすすめフィッシュグリップUmbozu3
おすすめフィッシュグリップUmbozu2
おすすめフィッシュグリップUmbozu
previous arrow
next arrow
ブランド ウミボウズ
サイズ 28㎝
自重 195g
耐荷重 約20㎏
材質 アルミ
おすすめ度
5
おすすめポイント
  • コスパ最強
  • 耐久性がとっても強い
  • スパイラルコード&D環付属
  • カラーバリエーションが豊富
  • 大型のピストル型で操作しやすく安定感がある

アルマイト加工された100%の航空技術用アルミニウム素材を使用している『ウミボウズ』のフィッシュグリップ。優れたデザイン性はもちろんのこと、使いやすさを追求したピストル型でトリガーを引くと確実にチヌ(クロダイ)をクリップ出来るので迷っている方には超おすすめです。軽量(195g)かつシンプルな操作性(片手でも楽ちん)、なおかつ耐久性(20㎏まで!)と素晴らしく高性能なフィッシュグリップです。

 

 

 

 

2位:ダイワ(Daiwa)
フィッシュグリップV

ブランド ダイワ(DAIWA)
サイズ 13/17/23㎝
自重 80/120/185g
耐荷重 -㎏
材質 ステンレス(フック部分)
おすすめ度
4.97
おすすめポイント
  • コスパが高い
  • 圧倒的ブランド信頼度
  • モデルバリエーションが豊富
  • スパイラルコード&D環付属

13㎝モデルは本体がカラビナ状になっています。しかし、画像のように直接カラビナを使用するのも良いですが、操作性を考えるとやっぱり尻手ロープを併用したほう良いでしょう。サイズは13㎝、17㎝、23㎝とバリエーションがありますが、13㎝のモデルには尻手ロープが付属しないので注意。とにかくコンパクトなサイズを所望していない限りは17㎝がチヌ(クロダイ)釣りでは使い勝手が良く、おすすめです。

 

 

created by Rinker
ダイワ(DAIWA)
¥4,569 (2024/07/21 12:30:43時点 Amazon調べ-詳細)

 

 

3位:ダイワ(DAIWA)
フィッシュグリップ ST225

ダイワ フィッシュグリップST225
ダイワ フィッシュグリップST225-1
ダイワ フィッシュグリップST225-2
ダイワ フィッシュグリップST225-3
ダイワ フィッシュグリップST225-4
previous arrow
next arrow
ブランド ダイワ(DAIWA)
サイズ 22.5㎝
自重 140g
耐荷重 -㎏
材質 ステンレス(フック部)
おすすめ度
4.85
おすすめポイント
  • 自重が軽い
  • 圧倒的ブランド信頼度
  • デザインがとっても格好良い
  • 厳寒期に指一本で操作できるスライドトリガー

釣具メーカーの超大手、DAIWAが発売しているフィッシュグリップです。見た目はDAIWAオリジナルの堅牢なデザインにアルマイトヘアライン加工が施されており、高級感があります。厳寒期に指一本で操作できるスライドトリガーによるホールド力にも定評があり、年無しのチヌ(クロダイ)でも外れません。グリップ部にはすべり止めが施されており滑りにくい他、自重も軽かったりと文句ナシの実釣性能です。流石はダイワ。

 

 

created by Rinker
ダイワ(DAIWA)
¥9,539 (2024/07/21 13:48:14時点 Amazon調べ-詳細)

 

 

4位:プロックス(PROX)
フィッシュキャッチャーR

おすすめフィッシュグリップ『PLOX』 2
ブランド プロックス(PROX)
サイズ 20㎝
自重 192g
耐荷重 -㎏
材質 ステンレス
おすすめ度
4.88
おすすめポイント
  • コスパが高い
  • スパイラルコード&D環付属
  • 強靭なステンレスフック採用
  • カラーバリエーションが豊富

取っ手部分はゴム製で出来ており、しっかりと握れるタイプのフィッシュグリップです。ペンタゴンフックとフックガード型トリガーデザインにより魚のヒレ、エラ、歯先、ルアーフックから指を守るセーフティデザイン設計。カラーバリエーションも4色と豊富で、カラビナとスパイラルコードが付属してくるので落下防止対策も完璧!

 

 

created by Rinker
プロックス(Prox)
¥3,041 (2024/07/21 12:30:42時点 Amazon調べ-詳細)

 

 

5位:ベルモント(Belmont)
メタルフィッシュグリップ MR

ブランド ベルモント(Belmont)
サイズ 216×50×16㎜
自重 150g
耐荷重 -㎏
材質 アルミニウム(アルマイト加工)
おすすめ度
4.88
おすすめポイント
  • コスパが高い
  • 便利なカラビナ仕様
  • 魚の口を開けやすい先端形状

自重が軽く、握りやすい形状でチヌ(クロダイ)をガッチリとキープしてくれるベルモントのフィッシュグリップです。先端は厚みがあり、横へのズレが少ないので魚が暴れてても安心。なんとなくオシャレ、というイメージが筆者にはあります。

 

created by Rinker
Belmont(ベルモント)
¥4,408 (2024/07/22 05:18:28時点 Amazon調べ-詳細)

 

 

6位:マルシン漁具
ヴィーナスグリップ

おすすめフィッシュグリップ
ブランド マルシン漁具
サイズ 16.5㎝
自重 135g
耐荷重 -㎏
材質 -
おすすめ度
4.82
おすすめポイント
  • 価格が安い
  • コンパクト&軽量

軽さ、大きさ、ブランドの信頼度…どれをとっても丁度良いフィッシュグリップです。実釣性能も申し分なく、レビュー評価もかなり高く、価格も手頃。

 

created by Rinker
MARUSHINGYOGU(マルシン漁具)
¥1,280 (2024/07/21 12:30:40時点 Amazon調べ-詳細)

 

 

8位:1091(イレグイ)
フィッシュグリップ

1091(イレグイ) フィッシュグリップ
1091(イレグイ) フィッシュグリップ-1
1091(イレグイ) フィッシュグリップ-2
1091(イレグイ) フィッシュグリップ-4
1091(イレグイ) フィッシュグリップ-3
previous arrow
next arrow
ブランド 1091(イレグイ)
サイズ 25
自重 146
耐荷重 20㎏
材質 ステンレス
ガラス強化ナイロン
アルミニウム

おすすめ度
4.81
おすすめポイント
  • コスパが高い
  • 落下防止コード、カラビナが付属
  • トリガー部とグリップの一部には柔軟性の有る強化樹脂を採用

アルミ合金にアルマイト処理を施した、超軽量で強度、耐腐食性に優れたフィッシュグリップ フィッシュキャッチャーです。全長約250㎜でリーチも長く、クロウ部も26㎜と大きく開くので、安全に魚をキャッチ。20kgクラスの魚でもキャッチしても安定感は抜群とのことで、チヌ(クロダイ)はもちろんの事、大型魚用としても使えるそうです。

 

 

 

9位:Rocabullco(ロカブルコ)
フィッシュグリップ

Rocabullco(ロカブルコ) フィッシュグリップ
Rocabullco(ロカブルコ) フィッシュグリップ-1
Rocabullco(ロカブルコ) フィッシュグリップ-2
Rocabullco(ロカブルコ) フィッシュグリップ-3
Rocabullco(ロカブルコ) フィッシュグリップ-4
Rocabullco(ロカブルコ) フィッシュグリップ-5
Rocabullco(ロカブルコ) フィッシュグリップ-6
previous arrow
next arrow
ブランド Rocabullco(ロカブルコ)
サイズ 全長21.5㎝/幅4㎝/厚み2㎝
自重 210g
耐荷重 10㎏
材質 304ステンレス
おすすめ度
4.78
おすすめポイント
  • 価格が安い
  • 頑丈なボディ設計
  • 落下防止コード、カラビナが付属

タフなボディとスムーズな操作性、さらには価格も安いというロカブルコのフィッシュグリップです。ブランド信頼度がやや薄いのですが、評価が上々。写真の通り、ハクレンのような巨躯の魚を扱っても壊れないタフさが一番のおすすめポイント。

 

 

 

10位:OGK(オージーケー)
フィッシュクリッパースリム

おすすめフィッシュグリップ『OGK』
ブランド OGK(オージーケー)
サイズ 17.5/21.5㎝
自重 150g
耐荷重 -㎏
材質 ステンレス+アルミ
おすすめ度
4.75
おすすめポイント
  • 価格が安い

大阪漁具が手掛ける、手に触れずにチヌ(クロダイ)をつかめるフィッシュクリッパーです。握りやすくスリムな形状が人気で、持ち手の部分がコルクになっているデザインもあります。

 

created by Rinker
OGK(オージーケー)
¥1,427 (2024/07/21 12:30:41時点 Amazon調べ-詳細)

 

 

11位:Tsubame
フィッシュグリップセット

おすすめフィッシュグリップ『Tsubame』
ブランド Tsubame
サイズ -㎝
自重 -g
耐荷重 -㎏
材質 ステンレス
おすすめ度
4.68
おすすめポイント
  • 価格が安い
  • フィッシュグリップ&針外しセット

公式アイテムページが見つからないくらいのブランドですがクイック針外し、フィッシングプライヤー、フィッシュホルダー、そしてフィッシュグリップと付属品が多いセットです。大人数で釣りに行っても安心な針外しセットです。コスパは悪くないかと。

 

 

 

12位:WQQW
フィッシュグリップ

おすすめフィッシュグリップ『WQQW』
ブランド WQQW
サイズ 29㎝
自重 190g程度
耐荷重 50㎏
材質 アルミニウム
おすすめ度
4.67
おすすめポイント
  • 価格が安い
  • 耐荷重が強い(ホントか…?)
  • カラビナ・スパイラルロープ・収納ケース付き
  • 軽さ、強度、劣化耐久性の高い6061アルミニュウム採用

ハイグレードスプリングを搭載することにより最大耐荷重は50㎏になるとのこと。公式アイテムページが見当たらない不信感はありますが、Amazonチョイスに選ばれていることから、決して粗悪品ではないことは確か。付属のナイロンケースはズボンのベルト部に装着可能で、付属のランヤードとのセットで紛失防止を兼ねてます。

 

 

 

13位:シマノ(SHIMANO)
フィッシュグリップR

ブランド シマノ(SHIMANO)
サイズ 24㎝
自重 150
耐荷重
材質 ステンレス
ガラス強化ナイロン
アルミニウム

おすすめ度
4.66
おすすめポイント
  • デザインがカッコイイ
  • 圧倒的ブランド信頼度
  • サイズに対して自重が軽い

とにかくデザインが格好良く、筆者的には一番トリガーが軽くて使いやすかったシマノのフィッシュグリップR(UE-302T)でした。価格が高いので、コスパを求めるのであれば他のモデルが圧倒的におすすめですが、数年 安心して使いたい方におすすめ。計測できるモデルもありますが、そちらは価格がね…。

 

 

 

 

14位:ダイワ(DAIWA)
フィッシュグリップ SC285

おすすめフィッシュグリップ『DAIWA 高級』
ブランド ダイワ(DAIWA)
サイズ 28.5㎝
自重 220g
耐荷重 -㎏
材質 -
おすすめ度
4.65
おすすめポイント
  • 計量機能が搭載
  • 圧倒的ブランド信頼度
  • デザインがカッコイイ

ステンレス刃を採用したDAIWAのフィッシュグリップです。10kgまでの魚なら重さが計測可能なスケール内蔵。グリップ部分は360度回転するので手首を痛める心配がなく、チヌ(クロダイ)が暴れても追従するので外れにくいというメリットも。高級感のあるデザイン他、色々な便利機能が付随したフィッシュグリップです。

 

created by Rinker
ダイワ(DAIWA)
¥18,958 (2024/07/21 14:26:11時点 Amazon調べ-詳細)

 

 

15位:第一精工
ワニグリップMC

ブランド 第一精工
サイズ 21㎝
自重 80g
耐荷重 -㎏
材質 -
おすすめ度
4.58
おすすめポイント
  • 価格が安い
  • ロック機能搭載
  • ワニのような歯で魚をガッチリホールド!

ライトゲームに最適な『ワニグリップミニMC+ホルスター』。 子供でも簡単な操作方法で、魚に手を触れることなく安全・スピーディに獲物をホールドできます。 ワニグリップの先端はロック機能搭載。ロックしないままホルスターに収納すれば取り出すだけでワニグリップが開くので手返しが良いです。 一度魚を掴んだあともホルスターに収納すれば、イチイチ拭かずとも汚れを気にせずに使用できるポイントも◎。 

 

 

 

16位:シマノ(SHIMANO)
ライトフィッシュグリップ CT-981R

おすすめフィッシュグリップSHIMANO1
ブランド シマノ(SHIMANO)
サイズ 21㎝
自重 80g
耐荷重 -㎏
材質 -
おすすめ度
4.58
おすすめポイント
  • 価格が安い
  • 圧倒的ブランド信頼度
  • 魚体を挟むだけでなく口を掴むことも出来る!

ライトゲーム用のフィッシュホルダーに見えますが、先端部は大きな魚の口をつかめるミニグリップ機能搭載しています。フィット感を高める滑り防止デザインの他、ワンタッチ開閉できるイージーロック機構などシンプルながらもクオリティの高いフィッシュグリップです。

 

 

 

 

17位:第一精工
ガーグリップMCカスタム

おすすめフィッシュグリップ『第一精工ガーグリップ』
ブランド 第一精工
サイズ 23.5㎝
自重 120g
耐荷重 -㎏
材質 ガラス繊維強化プラスチック
おすすめ度
4.55
おすすめポイント
  • 価格が安い
  • 圧倒的キャッチ力!
  • 収納ケース・スパイラルロープ付き

ライトゲームのフィッシンググリップ界隈において圧倒的な支持を集める第一精工の『ガーグリップ』。アジ等の小魚からチヌ(クロダイ)、タチウオ・シーバスなどのあらゆるソルトウォーターフィッシングシーンにおいて活躍します。高強度・サビないGFRP(ガラス繊維強化プラスチック含有率55%)と厚~薄ベルトに対応した『抜け落ちにくいアール形状のハンガー』を採用していたりとコスパの良さが魅力的。

 

 

 

18位:ダイワ(Daiwa)
フィッシュホルダー 240C

おすすめフィッシュホルダーDAIWA
ブランド ダイワ(Daiwa)
サイズ 24㎝
自重 98g
耐荷重 -㎏
材質 -
おすすめ度
4.55
おすすめポイント
  • 圧倒的ブランド信頼度
  • カラビナ・尻手ロープ・収納ケース付き

落下防止やズボンのベルト通しに引掛ける便利なカナビラ、尻手ロープ、収納ケース等 フィッシュグリップの便利品が全て付いてきます。参考動画をご覧になれば分かる通り、小さい魚へのホールド力はあまり期待出来ません。しかし、口にグリップの先端が入るサイズの魚(30㎝以上)には使い勝手が良いでしょう。軽さ、錆びにくさ、付属品の多さがおすすめポイント。

 

created by Rinker
ダイワ(DAIWA)
¥3,303 (2024/07/22 03:17:21時点 Amazon調べ-詳細)

 

 

 

各サイトの売れ筋ランキング

そのほかに

その他には、どんなフィッシュグリップがあるんだろう?

と気になる方は、各サイトの売れ筋ランキングを見てみましょう。

 

 

 

総括:チヌ(クロダイ)釣りのフィッシュグリップ
選び方・おすすめランキング

以上、チヌ(クロダイ)釣りに最適なフィッシュグリップの選び方&おすすめランキングについてでした。

 

総括して、一番のおすすめは?

と聞かれたら、『ウミボウズのフィッシュグリップ』を推します。本文でも述べたように

  • 価格がお手頃
  • シンプルで使いやすい
  • トリガーが軽くて開口しやすい

という点が個人的なおすすめポイント。尻手ロープ(スパイラルコード)&D環が付いてくるところも素晴らしく、お客様ファーストな優良企業であることは間違え無しです。梱包も素晴らしく、プレゼントとしても◎。実売5000円で、ここまで使えるフィッシュグリップは珍しいです。

 

どれにしようか迷っているのであれば是非 紹介したフィッシュグリップを検討してみてください。どれも心からおすすめできる、素晴らしいデザイン・実釣性能・コスパのフィッシュグリップです。

 

 

今回の記事で、あなたのチヌ(クロダイ)釣りに最適なフィッシュグリップを選ぶことができれば幸甚に尽きます。

 

それでは!

 

 

 

こちらもオススメ

 

おすすめの記事